安全・安心への取り組み | ペッパーランチ

  1. ホーム
  2. 安全・安心への取り組み

食材に関する安全・安心への取り組み

お客様に安全な商品を提供するための食の安全管理を徹底し、食中毒の未然防止、硬質異物等の混入防止、および条例等で定められた管理運営基準の厳守を基本に、品質・衛生管理の水準を高めております。
また、安心・安全技術の支援を受けるために食品衛生管理における専門会社と契約し、当社の各店舗の衛生管理体制および食材を仕入れている工場の衛生管理体制の調査・改善指導を委託することによって、更なる食の安全管理を推し進めております。
商品の導入においても、第三者機関、及び製造メーカーによる菌数検査を実施する事で、安全性を確認しております。
新商品の導入に当たっても、このプロセスを経て、安全性がしっかりと確認できた後に商品化するということを仕組み化しております。

本部組織における安全・安心への取り組み

本部組織においては、店舗衛生管理室による衛生マニュアルの整備を適宜行ない、安全衛生に関する仕組み作りや従業員の意識向上を徹底しております。
また、本部の衛生管理チェック機能として、詳細かつ厳格なチェック項目に基づき、衛生管理担当部門もしくは店舗指導員であるスーパーバイザーが毎月必ず全店の衛生管理チェックを実施しております。チェック結果の内容については、店舗、営業部、衛生管理室で共有し、問題点や不備項目の改善を適宜図っております。

食材に関する安全・安心への取り組み

PMC表(プランドメンテナンスチェック表)という帳票を用いての、毎日の食材の品質チェックやマナ板等のブリーチ消毒の実施と頻度別で設定した機器類の清掃を行なっております。また温度チェック表という帳票を用いての、鉄皿の温度(実際に加熱してテスト)計測、冷蔵庫類すべての温度確認を毎日実施し記録しております。
店舗に導入の商品マニュアルに関しては、厳密な作業工程の表記とお客様に提供する際のお召し上がり方の説明内容を記載しており、テストキッチンにて充分な検証を経て店舗に落とし込むという流れを徹底しております。

ページの先頭へ

© Pepper Food Service Co., Ltd.

pepperlunch